SEOの大きな変動で、自サイトの順位が大きく下がってしまった場合

>

順位急落

ホームページを保持し、長期間において順位変動を見ていくと、ほとんどのケースで波があります。

30位⇒9位!

7位⇒54位!!

4位⇒圏外!?

 

本当に悲喜こもごもです(苦笑)

順位が上がった場合は、素直に喜べば良いのですが、問題は大きく下がった場合。

 

私も経験がありますが、本当に焦りますよね。

如実に、ホームページからの問い合わせが減るのです。

何かが悪いから順位が下がった訳ですが、それが一体何なのか?

 

一刻も早く順位を戻したいのですが、どうすれば良いのでしょうか?

 


結論から言えば、

『暫く様子を見てみる』

ということになります。

 

理由としては、

「Googleのアルゴリズムは、頻繁に更新をしており、 テスト的な変更もしばしば」

 

ご存知の通り、基本Googleは「200以上のパラメーターを調整して、検索順位を決めている」のです。

ですので、Google側で新しいアルゴリズムを試してみたものの、「あの変更は失敗だった」という結論が出れば、ほぼ元の状態(アルゴリズム)に戻されることも少なくないのです。

もちろん、今までとは全く新しい基準(指標)を持ち込まれるケースもありますが。

 

 

その結果、数週間経過しても順位が戻らない場合にはどうすれば良いのでしょうか?

 

一番確かなのは、

『検索上位にあるサイトと自分のサイトを比べてみる』

ことです。

ページ数の多いサイトばかりであれば、自分のサイトのページも増やしてみましょう。

リンク数が多いものばかりであれば、自分のサイトにも良質のリンクを集める工夫をしましょう。

By