SEOとは、「海に浮かぶ筏のごとし」!?

>

いかだ

毎度の話になりますが、SEO対策とは、大きく2つに分けることができます。

1つは、「内部対策」。

もう1つは、「外部対策」です。

内部対策とは、ホームページ自体のコンテンツを充実させ、狙ったキーワードを検索エンジンに拾ってもらいやすく最適化することです。

一方、

外部対策とは、質と量が伴っている他ホームページから、リンクを数多く貰うことです。

 


ちょっと端折っていますが、簡単に言えば、上記の2つを併せて「SEO対策」となります。

日本においては、Googleの検索エンジンが市場の9割以上!を占めているので、Google対策≒SEO対策となり、 そのGoogleは、「皆さんが見たいと思う、価値のあるホームページを上位表示させるように、日々改良しています」というアナウンスをしています。

 

SEOにおけるGoogle対策とは!?

で、ここからが本題です。

SEO対策の歴史を紐解くと、外部対策>内部対策という期間が長かったのですが、ここ数年では、その関係が逆転されつつあります。

まあ、Googleは順位を決定するプログラム(アルゴリズム)を公開していないので、あくまでも我々の体感でしかありませんが。


Googleのポリシーに則って、極端なことを言えば、「非常に内容のあるホームページを作れば、外部対策は要らない」とも言えるのですが、 それは理想論であり、実際に専門的な中身の濃い文章を書いても、一般受けしないということは少なくありません。

一般受けしないホームページは、正直言って、上位表示されづらいのです。

恐らく、Googleは「クリック数」、「ページへの滞在時間」をも見えていて、重要な評価基準にしていると思われます。

 

SEOを例えると?

さて、そんなSEOですが、お客様のホームページの順位を上げるお手伝いをしていて、感じることがあります。

それを上手く自分の中で表現できなかったのですが、最近ふと、ある絵が頭に浮かんだのです!

ズバリそれは、

『海にポツンと浮かんだ筏』

です。

 

説明しますと、

筏 ⇒ 内部対策(ホームページ自体)

風 ⇒ 外部対策

です。

 


もし、ここで話が腹に落ちた方がいらっしゃれば、凄いです!(笑)

もっと詳しく説明しますね。

大洋に浮かんだ筏。

もし、その筏に立派な「帆」がついていれば、少しの風でも進んでいくことができます。

その一方で、帆が無くとも、強めの「風」があれば、速度が出ないまでも、これも進んでいくことができます。

で、最近強く感じることは、

『帆のしっかりした筏に風を当てると、スイスイ進んでいく』

ということなのです。

つまり、同じ外部リンクを張っても、コンテンツ、特に量の少ないホームページは順位が上がりづらく、量のあるホームページは、順位アップが早い! ということです。


これも、順位を付けているGoogle側の考え方をトレースしてみると、分かりやすいかもしれません。


「内容のあるホームページというのは、どんなホームページか?」

普通に考えて、

『一定以上のページ数があるはず』

と考えられます。

2,3ページしかないのに、中身の濃いの充実したホームページというのは、ちょっと考えづらいですよね!?

 

更に、

「量があれば何でも良い訳ではなく、1つのテーマに沿ったものになっているはず」

と考えていても不思議ではありません。

 

結論として、地道なSEO対策とは!?

という訳で、SEO対策を外注したけど、一日も早く上位表示したい!

それも、できれば3位以上を目指したい!

という場合には、筏に立派な「帆」を張る作業(1つのテーマに沿ってページを量産する)を加えると、より短期に、より高確率で上位表示できるようになりますので、是非ご検討ください。

By