歯科医院経営の立地戦略において、近くに同業他社があるのはどうなの?

>

競争相手のいない立地

歯科医院の経営が上手くいくかどうかは、「立地」で7割決まる!

こんな言葉を目にしたことはないでしょうか!?

 


まあ、歯科医院に関わらず「立地」でほぼ決まると言える業種は大変多いものです。

そのため、それなりに大きな会社であれば、「店舗開発部」なんてものを作ってまで良い物件探しに明け暮れています。


ただ、駅前などの「誰が見ても良い場所」は、激戦区であり、物件が表に出る前に水面下で契約済みということも少なくありません。

 

立地を選ぶ際の条件その1

飲食店であれば、とにかく人通りの多い場所でないと、話になりません。

味に自信があるからと言って、人通りが多い道路から見えないようなトコロに店を構えては、いくら知名度のあるスターバックスであっても、上手く行かないでしょう。

歯科医院でも、人通りが多い場所での開業は良い!と言えます。

「あそこに歯科がある」という認識があれば、歯にトラブルがあった場合、真っ先に候補として挙げてもらえるからです。

 

立地を選ぶ際の条件その2

ただ、歯科医院においては、通常の店舗が良しとされる「人通りが多いトコロ」以外にも、有望な場所がありますよね。

いや、そういうよりも、歯科医院において大事なのは、マーケット管理の方でしょう。

商圏にどの程度、見込み客が存在するのか?


これに尽きると思います。

魚のいない河では、どんな名人も釣り上げることができないのですから。

 

立地を選ぶ際の条件その3

そして、次に調べなくてはいけないことは、「歯科医院1軒当たりの見込み客数」でしょう。

さて、今回の本題はココになります。

同じ商圏に他の歯科医院があってはダメなのか?

 

皆さんはどう思われますか?

業種によっては、「ライバル店がある方が相乗効果があって良い!」という経営者もいます。

実際、一般消費者にも売ってくれる問屋街などでは、複数のお店があるので、交通費を払ってまでわざわざそこまで赴く消費者も多いものです。

それが1店舗であれば、見向きもされないでしょうね。

 

私が昔、学生時代にアルバイトをしていた「パチンコ屋」。

この業界では、「近くに同業他社があっても、そこで負けたお客さんが流れてくるから、相乗効果があるので、それはそれで良い」とも言われていました。

 

では、歯科医院はどうでしょうか?

 

結論から言えば、「商圏はかぶらない方が良い」と思います。

カリスマ歯科医師の方が書いた本などでは、「相乗効果があるので、敢えて同業他社がいる駅前にも参入する」といったことが書かれていますが、 診療や広告宣伝に絶対の自信があれば、それもあり得るのでしょう。

しかし、経営歴が浅い場合には、あまりお勧めできないと思います。

孫子の兵法ではありませんが、「戦わずに勝つ」というのが上策でしょう。

とはいえ、全く商圏が被らない&人口密集度がそれなりに高い場所というのは、今後ますます少なくもなり、見つけづらいものです。

それでも、「そこに圧倒的な集客力を持った歯科医院が存在しないかどうか?」は、しっかり確認して開業すべきでしょうね。

避けられる困難に敢えて立ち向かう必要はありません。

特に最初の1店舗目は、絶対に失敗ができない開業ですから、リスクは避けて通りましょう。

By