アメリカでは、今、歯科医が熱い!?

>

歯科医は人気

日本とアメリカを比べた場合、仕事に対する価値観の違いに驚かされます。

「どこの企業に勤めているか?よりも、どんな職種の仕事をしているのか?」ということがアメリカでは重視されるというのは、よく聞く話です。

そのため、アメリカのトップクラスに位置する大学では、卒業後に一流企業への就職よりも、自分でビジネスを立ち上げることを希望する人が多いそうですね。

 

アメリカでは転職市場において、流動性が高く、ひとつの企業に勤め上げるという意識が低いことも影響しているのでしょう。

また、国全体として起業家をバックアップする体制が出来ていることも大きいと思います。





あと、私がアメリカに住んでいた時に感じたこととしては、

「日本とアメリカでは、同じ職業でも社会的地位が異なる」

こともあると思います。

 

1つ例を挙げると、日本で「銀行員」というと、総じて高学歴で有能な人が多いというイメージがあります。

しかし、アメリカでBankerという職業に就いている人は、それほど高学歴を必要とされなかったり、社会レベルも高くなかったりします。

そのためか、日本ではあり得ないような勘定ミスの話を、少なからず耳にもしました。(引き落としを1桁間違えられたとか(苦笑))

 

さて、2015年において、アメリカで人気のある職種ベスト10が発表されましたので、ご紹介を。

ちなみに、この「良い」というのは、職業の成長率、給与、求人率、ストレスレベル、ワークライフバランスを考慮した上でのランキングだそうです。

<2015 アメリカの人気職種ランキング>

1位 歯科医

2位 特定看護師

3位 ソフトウェア開発者

4位 内科医

5位 歯科衛生士

6位 理学療法士

7位 コンピューターのシステム解析士

8位 情報セキュリティ分析者

9位 派遣看護師

10位 医師助手


いかがでしょうか?

 

医療関係が多いのが、目につきますね。

国民皆保険制度の有無が日本との大きな違いで、それにより時間当たりの給与が日米で大きく異なり、アメリカでは医療関係の仕事が人気なのでしょう。

皮膚科や小児科でも、そこそこ名前の売れた先生になると、1日に数名の患者を診療するだけで、充分に食べていけるのだとか。

 

一方、「ワークライフバランス」でワーストを飾っていたのは、「心臓外科医」でした。

平均年収は3000万円オーバーなのですが、不規則な生活などからストレス値も高く、仕事とプライベートの切り分けが難しいようです。

そう考えると、あまり緊急性を要さない医療関係の仕事というのが、時代のニーズなのかもしれません。

 

アメリカの歯科医は、失業率が0.9%と低く、手取りの給与が平均164,570ドル(日本円で約1800万円)と高いですね。

自費診療が当たり前の国であり、歯に対する意識が高いお国柄なので、この先しばらくは人気の職種としてあり続けるのではないでしょうか。

By