今の広告戦略には、CPAという考え方が大事!?

>

顧客獲得単価

インターネット広告が普及し始めてから、広告というものがグッと身近になりました。

理由は、

・少ない金額からスタートできるようになった

・費用対効果が見えやすくなった

ということが挙げられます。

 

インターネット登場前の「広告」というと、

・看板

・雑誌掲載

・テレビ

・ラジオ

が一般的だったと思います。

 

テレビは別格ですが、出版物で1掲載あたり、10万、20万は当たり前という世界です。

フリーペーパーの小さな枠でも4,5万といったところだと思います。

それがインターネット広告では、数千円で始めれるのです。

しかも、どのように広告費が消費されたのか分かるのです!

今までのアナログな広告の場合、なかなか正確な費用対効果は測定しづらかったですね。

 

CPA(顧客獲得単価)という考え方とは?

そうやって今まで以上に多くの人が「広告」を出す側に回るようになり、この市場も大きく進歩しました。

その中で、より細かく管理するために、様々な指標が一般の人にも知れ渡るようにもなりました。

その1つが、「CPA(Cost Per Action)」と呼ばれるもので、日本語では「顧客獲得単価」と訳されます。

『新規の顧客1人を獲得するために掛かる費用』

のことです。

 

1ヶ月の広告費が10万円掛かったとして、10人の新規顧客を獲得できたら、一人当たり1万円のCPAということです。

なので、少しでもCPAは低い方が良いと言えます。

もちろん、その金額は業種や売上により大きく違いますが。

このCPAを意識せずに広告を出すことは、正に「ドンブリ勘定」ということになりますので、それぞれの広告毎に、「自院のCPAはいくらか?」というのは、毎月チェックするようにしましょう!

 

利益を超えた金額の広告費?

それともう一つ。

ここ数年、もう一歩進んだ見方をする会社が増えてきました。

その結果、

『1万円の商品を売るのに、1万円の広告費を掛ける』

ことがあるのです!

 

何を言っているのかよく分からない!という方もいらっしゃると思います。

ちょっと具体例を挙げますね。

 

ある会社では、商品Aが1万円(小売価格)しました。

原価は、2000円。

様々な販売管理費を考えると、多くの会社では、掛ける広告費の上限は3000円前後というところでしょうか。

もし、広告費3000円で売れれば、5000円の利益が出ますよね。

 

しかし、多くの会社が3000円の広告費を掛けるのに対して、ある会社では「1万円」掛けるのです!

単純計算では、1つ売る毎に赤字になるのですが、敢えて赤字で売る理由があるのです。

ある会社が過去の販売データを精査したところ、購入者全体の生涯購入額が3万円でした。

つまり、最初の1つを買って貰えれば、その後3つは買って貰えるということです。

もちろん、全員が3つ買ってくれる訳ではなく、平均値としての話です。

そう考えると、とにかく最初の1つはお試しとしてでも買って貰えれば、充分に元がとれるという計算が成り立つのですね。

なので、初回の利益は度外視して、1つ目を売ってしまおう!と考える企業が出てきているのです。

 

この考え方を実行できる資金のある会社に対して、他多数の企業は勝負をして勝てるでしょうか?

まあ、無理でしょう。

掛ける広告費が数倍違うのですから!

 

とまあ、こんな売り方を実行する会社が増えてきているため、PPC広告の世界も日に日に競争が激化しているのです。

その結果として、素人の方がPPC広告を数ヶ月試してみても、「広告費が消費されるばっかりで、全く売れない!」と撤退を決める人が後を絶たないのです。

歯科医院に関しては、ホームページへの集客・集患の仕掛けはもちろんですが、エリアとキーワードの設定を厳選すれば、まだ戦えると思います。

それでも、最初の半年程度は、「データ収集期間」と決めて取り組むことが精神衛生上も良いと思います。

By