「ドメインパワー」って何?

>

ドメインパワー

ホームページを持つ場合には、必ず次の3つが必要になります。

・ホームページのデータ

・サーバー

そして

・ドメイン

 

「ドメイン」というのは、 ネットワーク上の複数のコンピューターを管理するためのグループや組織を表す言葉。IT辞典にはこう書かれていますが、ピンと来ないと思います。

英単語は、「domain」

意味は、「領土」とか「領地」の意味で、インターネットの世界における自分だけの領土(区画)と考えるとイメージしやすいと思います。


具体的には、

sample.jp

といったものです。

簡単に言えば、数字とアルファベットの組み合わせで、ある程度は自分で選択でき、世界に2つと同じものはありません。

 

ドメインパワーとは?

さて、タイトルの「ドメインパワー(domain power)」とは何でしょうか?

結論から言えば、「検索エンジンからの評価」のことです。

検索エンジンからの評価が高いドメインであれば、「ドメインパワーが強い」と表現しているのですね。

 

言ってみれば、SEO対策というのは、ドメインパワーをつける作業とも言えるのです。

 


それでは、ドメインパワーがつくと、どういったことが起こるのでしょうか?

 

具体的なメリットは、そのドメインで管理しているホームページにあるコンテンツ(文章)が、総じて高く評価されやすいと言えるのです。

同じ文章をアップした場合、ドメインパワーの無いサイトであれば、100位。

一方、ドメインパワーのあるサイトへのアップでは、30位。

そんな結果になるのです。

 

検索エンジン上で上位に表示されれば、それだけ読まれる機会が増えることを意味します。

そして、クリックされればされる程、より上位に上がっていきやすいというプラスのスパイラルになるので、その効果はかなり大きいのです。

 

ドメインの価値は、使い道によって変わる!?

一般の人の場合、そのドメインの価値を見る際には、ちゃんとした単語になっているとか、自分の業種を表しているという語呂の良さなどを評価します。

しかし、SEO会社などの一部の人は、この「ドメインパワー」を重視し、選んで購入するということがあるのです。

なぜならSEOの仕組み上、ドメインパワーのあるサイトからの被リンクというのは、評価されやすいのです。

そのため、他で使われていた中古のドメインの中には、ドメインパワーのあるものが紛れていたりしますので、それを買ってきてサイトを作れば、手間を掛けずにSEO用の良質なサイトが出来上がるという訳です。

 

ただ、今では「PageRank」という指標が表示されなくなったので、ドメインパワーを推し量るのが難しくなっています。

最近ではその手法も古くなってきましたが、まだ「中古ドメイン販売屋」というのはあるのです。

 

また、SEOの評価の中に、「ドメインエイジ」というものがある(そうです)。

エイジとは年齢の意味で、「そのドメインが何年使われているのか?」ということです。

昔は、新規ドメインはなかなか検索順位が上がりづらく、相対的に古いドメインは評価が高いという傾向が見て取れたのです。

今ではそれほど気にする必要はありませんが、それでもドメインをポンポン替えてるよりは、1つを長く使った方がSEO上、良いのも確かです。

長く使っていれば、自然と被リンクが増えて、その結果ドメインの評価が上がっていきますから。

なので、医院の「電話番号」と同じように、大事に使ってあげてください。

By