SEOにおいて、「歯科」も「歯医者」も同じ!?

>

歯医者と歯科

SEOの話が多くて、ゴメンナサイ!

個人的に、「集客できるのであれば、手段は何でも構わない」と思っています。

ただ、インターネットで集客できる業種でいえば、ほとんどの業種において、SEOが最も費用対効果の良い手段となってしまうのです。

もっと良い手段がでれば、そちらを中心にご紹介したいと思っていますし、そちらを当会の主力サービスにしたいとも考えています。

 

さて、検索エンジン最適化(SEO)というのは、キーワードごとに設定します。

検索エンジンの検索結果を決めているのは、「アルゴリズム」といわれるプログラムです。

そのプログラムの中で、様々な要因にポイント振り、合計点数の高いものから順番に表示しているというのが現状です。

 

そういう訳で、大事なのは「何のキーワードを優先的にSEO対策するか?」ということです。

業種によっては、簡単なようで、案外神経を使うお題目なのです。

 

例えば、皆様のホームページにおいて、検索エンジンで上位表示して欲しいキーワードは何ですか?

 

実は、ここで既に意見が分かれているのです。

「歯科 ●●市」

にするか、

「歯医者 ●●市」

にするべきなのか? です。(※●●市の部分は、皆さんの地域名を入れてください)

 

「そんなもん、同じやろ!?」と思う人もいらっしゃるかと思いますが、違うのです。

検索登録総数から言えば、「歯科」の方が多くヒットします。

でも、一般の人が近所の歯科医院を検索する場合、どうなのでしょうか?

 

「歯科」って入れますか?

 

「歯医者」って入力する人の方が多いと思うのですね。

 

なので、どちらか選べ!と言われれば、私なら「歯医者 ●●市」を選ぶと思います。

実際、現時点では「歯科」と「歯医者」の順位は異なって表示されていますから。

 

 

この問題については、検索エンジンを作っているGoogleでも対応中です。

今話題のAI(人工知能)をアルゴリズムに適用しているのですが、その中で関連性の高いキーワード同士を結びつける工夫がされつつあるのです。

Googleでは、「RankBrain」という呼び名がされています。

 

「婚活パーティー」と「婚活パーティ」 は同義語。

「着物屋」と「呉服店」は同義語。

「歯科」と「歯医者」 は、多くの場合、同義語としても扱われる。 

というところまでは当たり前ですが、RankBrainでは更に先を考えており、

「総理大臣」⇒ 「安倍総理」

といった内容まで、反映させようとしています。

 

そういった経緯を考えると、ホームページのタイトルに、

「●●市の歯科|山田歯科医院」

「●●市の歯医者|山田歯科医院」

のどちらを設定しても良いということになってきますね。

 

ただ、現時点において集客を考えた際には、「歯医者」の方が一般の人には馴染みがありますので、そちらを優先した方が良い気がします。

あとはホームページの中で、意図的に「歯科」と「歯医者」の単語両方を入れて、検索エンジンに「(当院では)同じものですよー」ということを知らせる工夫をするとベターでしょう。

By