SEOで上位表示したら、もうPPC広告は必要ない?

>

SEOとPPCの併用

PPC広告の利用方法として、

SEOで順位が上がるまでのツナギとして

というのがあります。

 

SEOはすぐに順位が上がるものではありませんが、PPC広告に関しては、一定の金額を出せばすぐに上位表示されます。

なので、資本のある会社が新規参入してくる時には、PPC広告にかなりの大金を投じてくることは珍しくありません。

Time is  money ですからね。

 

しかし、SEOとPPC広告の同時利用はダメなのか? というと、そうでも無いのです。

なお、ここで言う「同時利用」というのは、SEOに設定しているキーワードと同じものを、PPC広告に設定するという意味で使っています。

 

皆さん、広告枠とSEO枠のどちらをクリックしてる?

このお話を進める前に、検索結果におけるクリック率をご紹介したいと思います。

PPC広告

  上図の通り検索結果において、上部にPPC広告枠があり、その下にオーガニックと呼ばれる純粋な順位が続きます。(ちなみに2016年に入って、Googleでは広告枠2が消滅しました)

 

みなさん、自分で検索をした時、どちらの枠にあるものをクリックしていますか?

 

特に区別無くクリックしているという人もいるでしょう。

また、上にあるものからクリックしているという人もいるでしょう。

では、世の中一般の人はどうしているのでしょうか?

 

答えを言えば、

広告枠 2割

SEO枠  8割

の割合でクリックされているのです。

 

私もそうなのですが、広告枠に表示されているものは、習慣的に外してクリックしていますね。

つまり、広告枠の下にあるSEO枠にあるものを意識して選んでいるのです。

もちろん、秀逸なフレーズが目に留まった場合、広告枠でもクリックすることはあります。

 

SEOとPPCの併用は、効果があるのか?

さて、話を戻します。

多くの人は、私同様、広告枠を敢えてクリックしない人が多いのですが、一部の人は気にせずにクリックしています。


それを考えると、

『SEOで上位表示されても、PPC広告枠にも表示させておく』

という選択肢が出て来るのです。

 

実際、Google発表のクリック率、売上貢献度では、

併用した方が、業績に良い結果が出やすい

と結論づけています。

 

まあ、業種・業態によるので、全ての人にお勧めするものではありませんが、こういった考え方もあると知っておいて損はありません。

歯科業界でも、開業間もない時には、SEOで上位表示されても暫くはPPC広告をそのまま利用し続けるという方法は有効でしょう。

クリックされなくても、名前を覚えて頂くことが出来ますから。

 


あと、「そのエリアで圧倒的な歯科医院にしたい!」といった場合でも、一考に値すると思いますね。

もしホームページの質が良ければ、ダブルで検索結果を押さえることにより、他の歯科医院のホームページを見に行かせず、新規患者さんを自院へと来院させる確率を上げることができますから。

By