開業して間もない歯科医院に、SEOは必要?

>

歯科医師の不安

この前、ネットサーフィンをしていたら、ある歯科医院経営者のブログに辿り着きました。

内容を見ると、開業して4ヶ月程度の模様。

なかなか興味深い内容でした。

 

何が書いてあったかというと、

「本日の患者さんは、わずか4名。半年後は一体どうなっているのだろうか。(怖)」

「今日も患者さんが少なく、ずっとネットサーフィンしてた。歯科衛生士さんはずっと掃除と片付けしてた。」

 


そんな内容が続いていくのです(苦笑)

 

まあ、どの商売でも一定数の固定客がつくまで、厳しいものですよね。

しかし、上記のように「ネットサーフィン」では患者さんを呼ぶことはできません。

 

歯科医院の「営業方法」とは?

営業には2通りの方法があると言われます。

1つは、「攻め」の営業。

もう1つは、「守り(待ち)」の営業。

 

歯科医院で「攻め」の営業といえば、ポスティング(チラシ投函)などが当てはまると思います。

そして、「待ち」の営業は、インターネット(ホームページ)集客でしょうね。

 


どちらにしろ、「営業」をしないことには、患者さんが来る来ないが運任せになってしまうということです。

すぐに移転する訳にもいきませんし。

 

歯科医院経営者のSEOに対する勘違い(その1)

話をSEOに。

先生「開業して間もないので、まだSEOはしなくてもいいですよね?そこまで手が回らなくて。。」

私「えっ!?いやいや逆です! 間もないからこそ、やらなくてはいけいないんですよ!効果が出るまでに、ある程度時間も掛かるものですし。」

 

正直、開業して十数年経ち、しっかり固定客がいて、特に新規を獲得しなくても経営が充分に回る、新規は必要ないというのであれば、SEOは必要ありません。

しかし、固定客が少なく、新規を獲得しないと経営が安定しないのであれば、SEOは必須だと言えます。

地元でも名前が売れていない状態だからこそ、インターネットの世界で名前を売る必要がある のです!

 

歯科医院経営者のSEOに対する勘違い(その2)

先生「えっ、でもお金が掛かるでしょ? 今、まだ資金的にキツくて。。」

自分「いえ、成果報酬制のSEOであれば、10位に入るまで費用は発生しません。それに10位以内に入れば、新規のお客さんすぐ来るようになりますよ。 元なんてすぐに回収できます。2万円突っ込んで、10万円回収。そんな勝利の方程式が描けるようになります。 もちろん、ホームページにもしっかり集客の仕掛けが施してあればですけど。」

 

という訳で、SEOは経営が安定してから始めるものではなく、安定した集客をするためにSEOをする のです。

また、SEOには「外部対策」と「内部対策」があります。

個人で効果的な外部対策をするというのは、ちょっと現実的ではありません。(アフィリエイターのように、半ば本業であれば別ですが。。)

 


ただ、「内部対策」は、ある程度先生側で出来ます。

すぐに劇的な効果が出る可能性は低いですが、空いた時間をみては、出来る限り毎日ブログorコラムを更新してください。

営業時間中にネットサーフィンをするくらいなら、なおさらです。

半年も続ければ、多少なりとも外からの反応があると思いますから。

By