ブログやコラムに何を書けば良い?

>

ブログの書き方

「何を書いたら良いのか分からない!」という方、多いと思います。

文章が得意でも無いけど、特に苦手意識もない。

それよりも、書く題材が無い。

多くの人が、これに当てはまるのではないでしょうか!?

 

診療内容のページは、今回のテーマから外します。

該当するのは、「ブログ」や「コラム」と言われるページです。

特に、「日常のことを徒然なるままに書くのは、あまり良くないのでは!?」と考えていらっしゃる先生に向けてお話したい内容です。

個人的には、日々の出来事や先生の趣味が書かれた文章から、閲覧者は先生の人間性を知り、好感を持つ人が出て来るので良いのでは!?と考えています。

一方で、歯科専門コンサルタントの中には、「先生が歯科関係以外のことをブログなどに書くと、そのホームページの格が落ちるから止めた方がいい」とアドバイスする人もいるそうです。

どちらが正しいかは、その人それぞれの考え方によりますから、正解は無いと思います。

 

なぜ記事を書くことが推奨されるのか?

それはさておき、「ブログ」もしくは「コラム」を書くことは、大変良いことです。

理由は、

1,記事が増えることで、露出度が上がる

2.SEOで有利になる

からです。

 

実はこの2つ、繋がっています。

検索順位のアップには、様々な要素が関係しており、その根幹をなすのは、なによりもコンテンツの質と量です。

そのため、質の高い記事が増えれば、自然とアクセス数も増え、SEO上でも評価が高くなるというプラスのサイクルを描きやすくなるのですね。

 

問題は、ここから。

では、どんな記事を書きましょうか?

 

私の個人的な見解から言えば、

『(歯科に関して)みんなが知りたがっている話題』

で、記事を書いていくのが良いでしょう。

 

記事の「タイトル」は最重要!

記事において一番気を遣うところは、やはり「タイトル」なのですね。

これは、「SEOのアルゴリズムに向けて」と「人間である閲覧者に向けて」の2つの意味があります。

多くの見込み客にクリックして貰うためには、魅力的なタイトルにする必要があるし、SEOで拾って貰うためにもキーワードを盛り込んでおく必要があるということです。

 

ちょっと小話になりますが、SEOにおいて検索結果が「ローカライズ(地域最適化)」されているのは、ご存知でしょうか?

つまり、同じキーワードで検索しても、住んでいる場所(ネットを利用している場所)によって、順位表示が多少違うのです。

Googleのアルゴリズム側で、そのへんを加味しているのですね。

 

勘の良い人は、この話を聞いてピンと来たかもしれません。

そうです!タイトルにも地域名を入れると、見込み客の目に触れやすくなるのです。

北海道に歯科医院があるのに、沖縄の人に読んでもらっても集客という意味では効果ありません。

やはり、地元の人に読んで貰わなくては!

 

入れ方はいくつかあります。下記は、「仙台市」に歯科医院があると仮定した場合の例ですが、

①『最近の歯医者における無痛治療の仕組みとは?|仙台市の●●歯科医院』

とか、

②『仙台市にお住まいの方必見!最近の歯医者は痛くない!?無痛治療の仕組み』

といった形で、盛り込んでいけば良いのです。

 

ちなみに、①の方法はWordPressをご利用中の方であれば、設定で自動表示可能です。

また、①の場合は、タイトルの文字数はあまり気にしなくてもOKです。前半の文章さえ見えていれば、30文字を超えても大丈夫です。

 

記事のテーマに困ったら?

続いて、テーマをどうやって決めるのか?

一番メジャーな方法は、『GoogleAdwordsキーワードプランナー』を利用することでしょうか。

このツールでは、キーワードを打ち込むことにより、月間検索数の概算が分かるし、関連するキーワード候補も表示されます。

言い換えれば、みんなが知りたがっているキーワードが分かるとも言える訳です。

なので、そこから連想されるキーワードを使って、文章を書いていけば良いのです。

 

例えば、「自由診療」というキーワードの検索数が多ければ、

『「自由診療」と「保険診療」の違いとは?|仙台市の●●歯科医院』

 

「セレック」というキーワードが多ければ、

『現役歯科医師が教える!セレックのメリット・デメリット|仙台市の●●歯科医院』

 

こんな感じで作っていけば良いのです。

これなら暫くは「書くテーマが決まらない!」ということは無いのでは!?

By