SEO会社は、いまヤバイ!?

>

SEO会社が危ない

世の中のSEOサービスは、

・月額固定型 ⇒順位は関係なく、毎月同じ金額の支払い

・成果報酬型 ⇒規定の上位表示で、初めて課金発生

の2つがあります。

 

数年前までは、「成果報酬型」が圧倒的に多かったのですが、いまでは逆転しています。

その理由は、単に「自称プロフェショナルの業者でも、思うように順位が上げれなくなった」ということに尽きます。

SEO対策というのは、細かい作業の積み重ねと、それなりに機材の用意が必要となるため、順位が上がらなかったら、そのまま損失となります。

それがあまりの数に及ぶと経営が成り立たないので、売上単価は下がるけれど、成果は関係なく毎月一定の金額が頂ける「月額固定型」へと移った業者が多いのです。

 

月額固定型の罠!?

勘の良い方であれば、ココでピンと来るかもしれません。

「順位を保証しないということは、ある意味社会主義と同じではないか!?
一生懸命順位を上げても、上げなくても、取り分は同じ。
であれば、適当に作業していればいいやという気持ちになるのでは!?」

 

まあ、全部が全部とは言いませんが、費用削減も含めて、今までとは違う体制になっているSEO会社も少なくないと推測します。

どちらにしても、今後益々「成果報酬型」⇒「月額固定型」へと移るSEO会社は増えてくるでしょう。

 

世の中の会社が、そこまでSEOにこだわる理由は?

こういったお話をしていると、よく聞かれることがあります。

「そんなにSEOって、大事なの?」と。

そうですね。やはり「会社による」としか言えませんが、一度その効果を味わうと、もうSEO無しではやっていけないというのは確かです。

「集客を1つの手段に依存しすぎるのは危ないこと!」ではあるのですが、会社によっては検索エンジン(Yahoo! Google)に上位表示されることにより、売上が数倍に跳ね上がるというのは珍しくないので、SEO頼みになってしまっている会社は少なくないのです。

もちろん、SEO以外の対策も打っているでしょうが、なかなかSEOに代わるほど費用対効果の高い媒体というのは、見つかりにくいものでもあるのです。

 

ちょっと前に話題になったところで言えば、渋谷駅前にある大きなビルに入っている某求人広告サイトを運営している会社でしょうか。

SEO対策に失敗したようで、ある日を境に一気に順位が低下したのです。

その会社も常日頃から社内に専門のSEOチームを構えているようで、色々と復活の対策を施したようですが、なかなか順位が戻らずに長い期間経過しました。

SEOの順位が下がっていた間は、一生懸命PPC広告で頑張っていたようですが。。

その結果、四半期の売上が激減するということになってしまい、ニュースにまで取り上げられたのです。

まあ、社長さんもそういった危険性は常に意識して経営したと思いますが、インターネットビジネスではこういった不安がつきまといますね。

 

という訳で、SEOを専門にしている人であっても、思うようにいかないことが多いのがSEOなのです。

全ては、SEOのプログラムを作っている、Googleの胸先三寸という訳です(苦笑)

ただ、検索エンジンの結果というのは、いわゆる「競争」結果です。

絶対的な点数で争っているのではなく、そのキーワードにおいて、ライバルよりも点数が1点でも高ければ上に表示されるという訳です。(その点数は一般公開されておらず、我々にはわかりません)

逆に言えば、そのカテゴリーの競争レベルが低ければ、充分に上位表示を狙えるのです。

 

歯科医院においては商圏から言って全国を相手にする必要はなく、その限られた狭いエリアで上位になれば良いという意味では、他業種に比べるとそこまで難しくはないのです。

そして、狙ったキーワードにおいて、TOP3位内に入れば、毎月笑ってしまうほど簡単に新規の集客ができるようになると思います。

By