歯科医院のホームページに「SEO」は必要か?

>

ホームページに期待

ホームページを作る前は、案外多くの人が、夢見るものです。

「これで、結構な人がお店に来てくれるようになるのでは!?」と。

心の中では、期待しすぎてはダメ!と衝動を抑えるのですが、これだけ手間(orお金)を掛けたのだから、それなりの効果はあるだろう。

だって、世の中でこれほどインターネットは騒がれているのだから!

 

そして、ホームページ公開日。

・・・1週間経過。

・・・1か月経過。

 

あれっ、アクセス数がほとんど増えないんですけど!

「ひょっとして、このホームページ、出来が悪い!?制作費をケチったのが失敗だった!?」

 

そんなことが、日本中で起きているように思います。

そういう自分も、昔はそうでしたから(苦笑)

100万円、200万円払って作ったとしても、そのまま放置では、ほとんどアクセス数は増えていきません。

それは何故でしょうか?

 

歯科医院のホームページにアクセス数が増えない理由とは?

ズバリ、「ほとんどの人はあなたのお店(医院)を知らない」からです。

テレビCMなどで「●●医院」と宣伝でもしていれば、そちら経由でホームページのアクセスも増えるでしょうが、何もしない場合には、やはりアクセス数は増えないのです。

 

では、あなたのホームページを多くの人に見て貰うには、どうすれば良いのでしょうか?

答えは、

『(インターネットの世界において)露出度を上げる』

ことです。

 

インターネットの経由であれば、おそらく大半は検索エンジン絡みになるでしょうが、そこから「●●医院」を直接目指してくるのではなく、地域であったり、ブログの記事であったり、バナー広告をきっかけにして、 辿り着いてくれるものなのです。

動画の方でも取り上げていますが、

①SEO
②PPC広告
③まとめサイト・口コミサイト
④SNS
⑤ブログ
⑥コンテンツマーケティング

といったものが、歯科医院においては、露出度アップの主力媒体になるかと思います。

それぞれに一長一短があり、費用と手間のバランスで決めることになると思います。

「お金」は出したくないけど、「手間」は惜しまないというのであれば、⑥のコンテンツマーケティングをオススメします。

ただ長丁場になり、2年後、3年後を目途に淡々と歯についての記事を書いていくという作業になりますので、向き不向きが大きく問われますが。。

 

歯科業界に限りませんが、一番費用対効果が高いのは、①のSEOだと私は考えています。

個人で対応するには、ハードルが高い場合が多いので、外注する場合にはその依頼金額によりますが。。

もし、それなりの価格で上位表示できるのであれば、これが一番楽で長期にわたって高いパフォーマンスを期待できると思います。

例えば、「●●市 歯医者」のキーワードで上位表示され出すと、他の「歯医者」キーワードも連れて上位表示されやすくなり、トータルでのアクセス数アップに繋がるからです。

もちろん、上位表示されたからといってどの程度売上に貢献してくれるかは、わかりません。

全ての広告に言えることですが、「地域差」というのは小さくありません。

こればかりは、やってみないと分かりません。

とはいえ、SEOで上位表示したのに、月額2,3万円程度の元も取れないということは考えづらいです。(もし、そうであれば、ホームページの質自体を見直してみるべきでしょう!)

しかし、看板やタウンページなどへの出稿を考えるのであれば、優先順位としてSEOを真っ先に試してみるというのは、悪手ではないと断言できますね。

 

続いては、②のPPC広告でしょうか。

お金さえ出せば、すぐにでも表示させることが出来、多くの人の目に触れることが出来ます。

ただ、費用がかなり高くつきやすいので、常に費用対効果を気にしながら運用しなくてはいけません。

またサービスの性質上、運用が難しく試行錯誤の繰り返しで、初期はなかなか十分な売上に繋がらない可能性が高いことも付け加えさせて頂きます。

 

あと、SNSに関しては、正直、歯科業界に向きません

Facebookを設置している歯科医院のホームページを時折見かけますが、そこから新患に繋がるということは、まずないでしょう。

Twitterもしかり。

いわゆる「(閲覧者の)属性が違う」と言われるものです。

もちろん、「Facebook広告」という有料広告は話が別であり、上記PPC広告と同じですね。

 

歯科医院における最大の露出度アップ対策は、「SEO」!?

という訳で、「医療法の広告規制」も考慮すると、歯科医院において最も高いコストパフォーマンスが期待できるのは、「SEO」というのが、私の見解です。

繰り返しになりますが、SEOは「ホームページの質」とセットで、初めて効果を発揮しますのでご注意を!

(いや、結局のところ、現在のすべての媒体の受け皿は、自院のホームページになる訳で、そのホームページの質が悪いと何の広告をやってもダメとも言えますが。。)

By