高額サービスを売りたければ、ホームページも豪華にすべき!?

>

ホームページは豪華に

今、歯科業界において、高額なサービスと言えば、何になるでしょうか?

一般的に言えば、「自由診療」に当てはまるものですよね。

そうすると、

・歯列矯正

・インプラント治療

が真っ先に挙がりそうです。

 

「保険診療では、経営が安定しない!儲からない!」とばかりに、インプラント治療を導入する歯科医院さんが、ここ数年増えました。

価格についても、安売り合戦の様相を呈しています。

 

 

さて、そんな中、多くの歯科医院のホームページを見ていて、違和感を感じることがあります。

それは、

「本当に、これでインプラント治療を売るつもりがあるのかな?」

というホームページを見る機会が少なくないことです。

 

歯科医院の間違ったホームページ作りとは?

間違っている点はいくつかありますね。特に「自由診療を売りたい」と考えているのにもかかわらず・・・です。

1.説明がシンプルすぎる

2.説明内容ページの造りがひどい

3.閲覧者の視点とズレている

 

まず、1.説明がシンプルすぎること。

オーバーに言えば、A4用紙一枚くらいの内容で、「インプラントとはこんなもので、当院でもやっています!お気軽にお問い合わせください!」と書かれているのです。

うーん、既にその歯科医院に何度も通院している患者さんであれば、「今度詳しく聞いてみようかしら」と思うかもしれません。

しかし、全くの新規で来院してくる人はいないでしょう。

 

続いて、2.説明内容ページの造りがひどい。

使っている写真やイラストも雑であれば、文章も長々と書かれていて読み辛い。

そもそもインプラント治療って、外科手術ですよね?

失敗する可能性もあるという手術を受けるのであれば、少しでも新しく綺麗で、少しでも設備の整った歯科医院で受けたいと一般の人は思うでしょう。

それなのに、院内の写真はなく、淡々とインプラント説明だけで、果たして惹かれてくる人はいるでしょうか?

どのサービスでもそうですが、高額商品・サービスを購入する時には、それ相応のお店で買いたいと考えるものです。

マンションを買うにしても、ボロボロのスーツを着た営業マンから買いたいという人はいないでしょう。

ホームページもしかり。

ホームページの造りが安っぽいと、どうしても高額サービスは売りづらいと言えます。

本格的にインプラントを売りたい場合は、豪華な造りの「インプラント専用のサイト」を別に立ち上げても良いくらいです。

 

最後の、3.閲覧者の視点とズレている。

これは、歯科医院のホームページのうち、全体の8割くらいが間違っているのではないでしょうか!?

何が間違っているのか言うと、「インプラントの説明に終始していること」です。

 

「えっ!?」と思われた方、いらっしゃると思います。

ちょっと考えて見てください。

インプラントなんて高額サービス&危険が伴うもの、1つのサイトだけ見てそのまま決めるなんて人、まずいません。

例えお金持ちであっても、複数のサイトをチェックすることはもちろん、「インプラントというものは、どういったものか?」ということを相当時間と手間を掛けて、調べているはずです。

なので、今更他院と同じ説明をくどくどされても、惹かれない訳です。

知りたいのは、「他院と何が違うの?」ということです。

ココが全く書かれていない歯科医院のホームページは多いですよね!?

 

「いや、そういわれても、実際、他院と同じだからねぇ」と考えていらっしゃるかもしれません。

いえいえ、ハードが同じなら、ソフトの部分を謳えばよいのです。

実績であったり、取り組みであったり、保証であったりと、色々と差別化できる点はあるはずです。

上記は「インプラント治療」を例に取りましたが、歯列矯正でも、入れ歯でも同じです。

一般的な話以外に、是非「他の医院との違い」を教えてください!

By