「人は第一印象が大事。ホームページはファーストビューが大事!?」

>

ファーストビュー

第一印象って大事ですよね?

特に恋愛関係だと、第一印象で悪いイメージを与えてしまうと、それをひっくり返すのは、至難の業です。

それだけに、最初の接触は気を遣いたいところ。

 

さて、実はホームページでも同じことが言えるのです。

それは、「ファーストビュー」と言われるものです。

皆さんがホームページを見た時、恐らくはそのサイトの上部数パーセントが画面に映っていると思います。

そう! その一画面分が「ファーストビュー」と言われる箇所です。

画面をスクロールしなくても見える部分のことです。

 

これは人間の第一印象と同じで、ここを数秒眺めて、ピンと来なければ、多くの閲覧者は他のページへと離脱してしまうことが多いのです。

チラシで言えば、キャッチフレーズなどがこれに相当するでしょう。

時間で言えば、ものの3秒くらい!?

なので、この部分へはかなり注力しなくてはいけないとも言えるのです。

 

 

ファーストビューには、何を載せればいいの?

そもそも、ここに何を表示させれば良いのでしょうか!?

ホームページ作成会社などに丸投げすると、爽やかな印象を与えるようなイメージ画像と文言が並ぶことになります。

例えば、笑顔の女性の写真とともに、

『皆さんの健康を歯からサポートする。地域に寄り添った治療を目指しています』

というようなフレーズ。

こんな感じでしょうか。

 

えっ、これじゃあダメなんですか?

ほとんどの歯科医院のホームページが、そんな感じだと思うんですけど。。。

別に悪い印象はありませんよね!?

 

はい!ダメなのです。

決して悪い印象は無いでしょうが、ホームページの役割から言えば、ダメなのです。

理由として、これでは具体的にどういったメリット・ベネフィットが閲覧者にあるのか、すぐ分からないからです。

更に画面をスクロールして、色々と見て回らないといけません。

それで、どこに何を書いてあるのか分からないようであれば、すぐに違う歯科医院のホームページへと旅立ってしまいます。

ここで興味を惹けなければ、数秒でスルーされてしまうのです!

Googleコンソール(旧:Googleアナリティクス)などでアクセス分析すると、僅か数秒でホームページから離脱しているアクセスの割合に驚くはずです!

 

 

「●●なので、うちに来てください!?」

では、どんなことを表示すれば良いのでしょうか?

それは、皆さんの『強み』です!

駅から近かったり、

長年経営していたり、

特別な医療設備があったり、

コストパフォーマンスが高いサービスであったり・・・

そういったことが一目で分かるように謳うのです。(具体的な謳い方については、また違うブログにて)

 

そこで興味を持った人は、それぞれ詳細に書いてあるページに飛んで、さらに記事を読み込んでいく。。

そういう流れを目指すべきなのですね。

人は「考えるのがメンドクサイ」生き物なのです。

なので、ストレートに自院の良さを伝えるようにしましょう!

 

えっ、自院の良さが分からない?

もし本当に分からなければ、既存のお客さんに「何が良くてうちに来てくれているのか?」を聞いてみてください!

それが1つの答えになります。

By