SEO、歯科医院、歯医者

SEOの矛盾点!?

>

ホームページ作成のコツ

SEOとは、「検索エンジン最適化」のことです。

つまり、特定のキーワードにおいて、自社のホームページを上位に表示させる施策のことを言います。

「SEOを制するものは、インターネットを制する」という言葉があるほど、効果は絶大なのです!

 

そして、その対策としては、

内部対策・・・ホームページの内部の調整、コンテンツの充実など

外部対策・・・質の高い被リンクを集める

※被リンクとは・・・他のサイトから自分のHPにリンクを張って貰うこと。

を行うことになります。

 

ただ、昔は圧倒的に「外部対策」の重要度が高かったのです。

ページランクと言われるGoogleのサイト評価の高いページから、リンクを張れば、すぐに上位表示できた時代もありました。

しかし、次第にそういった単純な方法は効果が薄くなり、次第に「内部対策が重要だ!」という声が大きくなって、今に至ります。

 

実際に、昔は外部対策、つまり被リンクが無いページは、なかなか順位が上がってきませんでした。

でも、最近では被リンクがあまり無いサイトでも、上位表示されるケースが出てきたのです。

そういったケースに出くわした人は、「もう被リンクは必要ない!」と声高に言います。

 

本当でしょうか!?

本当かもしれませんし、そうでないかもしれません。

何故分からないかというと、Google自体がその判断指標を詳細に公開していないからです。

 

ただ、「被リンクの効果は、SEOにおいて大きい」というのは、今でも生きており、Googleの公式発表でも、「被リンクの重要性はコンテンツと同じくらい!」とされています。

実際にSEO対策の契約終了などで被リンクをはずしていくと、みるみるうちに順位が下がっていきます。

 

さて、ここに個人的な疑問があります。

まず、「コンテンツが大事」と皆言います。Googleもそう言っています。

しかし、コンピュータのプログラムが、正確に文章の良し悪しを判断できるとは思えません。

そもそも、人間ですら文章の評価判断は異なるのですから!

となると、一定の文章量と、特定の単語数、単語のバラツキなどを最低限判断材料にするのが精いっぱいでしょう。(※最近では、会社の業績やスポーツの記事など、数字を元に淡々と語る記事の作成では、AIが既に活躍しています。 しかし、「作る」のではなく、文章を「評価」するという幅広い知識・感性が必要とされるものに関しては、まだ人間には及ばないようです。)

 

SEOの矛盾点

次に、被リンク。

「良いコンテンツには、自然と被リンクが集まる」と言われています。

これも本当でしょうか?

確かに、コンピュータ関係や恋愛関係のサイトであれば、被リンクを集めるのは難しくありません。

しかし、法人対象とした製造業や、普通のいち不動産屋とか、美容室、歯科医院もそうですが、そういったところに他サイトから質の高い多くのリンクが集まるものでしょうか?

あなたが通っている美容室のサイトに、あなたのブログからリンクを張ろうと思いますか?

あなたが部屋を決めた場合、その不動産屋のサイトに自社のホームページからリンクを張りますか?

 

そう!そもそもそういったサイトに被リンクが多く集まること自体、不自然なのです。

でも、Googleは業種に関係なく一律に被リンクを重視している。(だって、サイトの評価なんて人間でも判断が違うのですから、コンピュータに絶対的な判断をさせる訳にはいかないでしょう!)

そして、実際に被リンクを張ると、順位は上がる。

こういった矛盾がSEOにつきまとっています。

なので、良い悪いはともかく、被リンクを集めづらい業種において、短期間(数ヶ月)で掲載順位を上げようと思えば、多かれ少なかれSEOの外部対策を行う必要が出てくるのです。

By