歯科医院を開業したら、最初にすべきこと<7箇条>営業編

>

開業(医院経営)にあたって一番大事なのは、何でしょうか?

 

先生の人柄?

技術?

運転資金?

 

いえいえ、答えは『お客さん(患者さん)』です。

どんなに立派な建物で、どんなに品行方正な先生であっても、患者さんがいなければ、経営は安定しません。

逆に、一定数以上の患者さんさえいれば、なんとでもなります。

 


では、そのためには、どうすれば良いのでしょうか?

答えは、『営業』です。

 

ただ、『営業』には2種類あります。

攻めの営業」と「守り(待ち)の営業」です。

 

営業と言われると、何から手を付けて良いのかわからない!という人が大半だと思います。

しかし、歯科医院経営においては、広告規制の問題もあり、案外できること&考えなくてはいけないことは多くないのです。

それを早い段階で押さえてしまい、患者さん流入の流れを作ってしまいましょう。

 

そして、先生が本当にチカラを入れなくてはいけないのは、「院内での接客・マネージメント」です。

「攻めの営業」と「守りの営業」の基礎を固めて、早く院内のシステム確立に取り組みましょう!

※下記のタイトルは「開業したら…」となっていますが、実際には開業前に準備すべきこと、知っておくべきことも多数入っております。ご了承くださいませ。

 

歯科医院を開業したらすべきこと<7箇条>営業編

 

開業間もない歯科医院がすべきこと(立地・物件)

開業間もない歯科医院がすべきこと(内覧会)

開業間もない歯科医院がすべきこと(看板)

開業間もない歯科医院がすべきこと(ポスティング)

開業間もない歯科医院がすべきこと(ホームページ)

開業間もない歯科医院がすべきこと(SEOの外部対策)

開業間もない歯科医院がすべきこと(SEOの内部対策)

 

歯科医院を開業する際の「物件探し」編

歯科医院開業を考えている人必見!物件探しのコツお教えします 

歯科医院を開業する際の「立地」を考えてみる

 

ホームページ制作時に知っておくと得すること

ホームページに、「理念」を載せる必要はあるのか?

自分で記事を書かずに、記事数を増やす方法

ホームページ上で院内を上手に見せる技術